読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正しいメガネのずらし方

やくにたちそうでたたない

「読んでいない本について堂々と語る方法」を読んで - これからの情報との接し方

書籍・読書

読みながら久しぶりにワクワクした本。
書籍名はなんだかうさんくさい印象を持ってしまいそうだけど、とんでもない!!

多面的に読めて示唆に富んでおり、さらにこれまで類書のないような本である。
今まで誰も書かなかった、いや、不謹慎すぎて書くことが憚られたような内容を真正面から、言われてみればまっとうな正論として展開している。
思わず唸りそうになるような納得箇所も満載だった。

読んでいて書かずにいられなくなったので、自分なりに思ったことを書いてみた。

↓紹介文から引用

本は読んでいなくてもコメントできる。いや、むしろ読んでいないほうがいいくらいだ―大胆不敵なテーゼをひっさげて、フランス文壇の鬼才が放つ世界的ベストセラー。

読んでいない本について堂々と語る方法 (ちくま学芸文庫)

読んでいない本について堂々と語る方法 (ちくま学芸文庫)

続きを読む

Copyright© glasslipper All Rights Reserved.